2019M3春ありがとうございました。

4月28日、M3参加いたしました。

お寄り下さった皆様、誠にありがとうございました。作品楽しんでいただけますと嬉しいです。

ARKHEMINA RECORDSは、齋藤博人さん、Nima.さんの「LILT RECORDS」さんと合体スペースでした。


お二人とはネットではやりとりするものの、ここ数年はM3の春夏、1年に2回ご一緒して頒布しながら近況をはじめ、音楽はもちろん話題はどんどん広がり(脱線ともいいます(笑))いろいろなお話をさせていただくのですが、私にとってこの時間は本当に楽しくて毎回楽しみにしています。

平成最後のM3なんですよね〜なんて言いつつ、LILT RECORDSさんは初回から参加だから、、、1998年からということは21年目ですね。すごい。

ARKHEMINA RECORDSは、2013年秋からなので(しかも最初はArtifact RECORDSという名前でした)LILTさんと比べるとまだまだですが、なんとか5年続けることができました。

今回予定していた新作が残念ながら延期となりましたが、引き続き制作中なので近々情報公開できると思います。
今回もデザインはNima.さんにお願いしているので、その打ち合わせもしつつ。
また同業参加友人も多いので、普段なかなか予定が合わず会えないのが、M3に参加すると会えるという貴重な場にもなっています。

ベルウィックサーガサントラのブックレットを持ってきて下さった方がいらっしゃいました。
懐かしさに思わず画像を撮らせていただきました。2005年の作品です。14年前の自分(笑)と齋藤さん。


齋藤さんとは、こちらの記事にも書きましたが、私が大学生のときに初めてお会いして、POWER DoLLS3に楽曲提供させていただきました。ですので、20年以上のお付き合いの長さとなります。本当に時間はあっという間でびっくりしますね。

ベルウィックサーガの作曲家の方々と

2015年にファンタジー・ロックフェスに物販参加したのですが、ベアルファレスのゲームソフトを持参して下さった方もいらっしゃいました。
こちらは2000年の作品。この時は珍しくDSDフルメンバーで参加。



作品の発売から長い間経っても楽しんでいただいている方がいらっしゃるのは本当に嬉しいです。

商業作品とオリジナル作品の両立は目標の一つであるので、これからも続けていきたいと思っています。
ありがたいことに、平成最後、令和最初の作曲、編曲作品を進めております。

新しい元号でも音楽のために没頭し、進化をめざしたいと思います。

「ARKHEMINA」を手にとって下さった方が多かったので、楽曲説明などはこちらの記事で。

「ARKHEMINA」の記事

おまけ。
Nima.先生にいただいたペンスタンド。Prodigyジャケ風味にて。(←気に入っている(笑))


関 美奈子 [ Minako Seki ]

関 美奈子 [ Minako Seki ]

Music Composer/Arranger