玉木優さん(トロンボーン)YouTubeチャンネル

トロンボーン奏者 玉木優さんのYoutubeチャンネルにて、「An;G;El」から「Game」「Elements」のデモ演奏動画がアップされました。玉木さん、ありがとうございます!

YouTube Yu Tamaki https://www.youtube.com/channel/UCE4B5kjoPw4FQ2L5TtLezFQ

公式サイト Yu Tamaki Hoso Trombone https://www.yutamaki.com/

楽曲については、こちらの記事にて。

「An;G;El」トロンボーン奏者 玉木優さん委嘱作品

拝見させていただいて、かっこいい!おもしろい!などなど賞賛の気持ちがほぼなのですが、(これは職業病でもあるのですが)心の片隅に、ああー、むちゃくちゃ難しいものを演奏してもらって申し訳ない(汗)という気持ちもありつつ、実は今回のプロジェクトで気がつかせてもらった部分でもありました。

はっきり言わなくても動画をご覧になればわかると思いますが、この2曲めちゃくちゃ難しいです。。。

、、、なのですが、無謀な難しさを狙ったわけではなく、ここに至るまでに玉木さんといろいろとやりとりした、ギリギリの線(トロンボーンの物理的な運指の限界や運動性など)を狙った難しさの落とし所が、こういう形になりました。

特に「Game」に関しては、最終稿になるまで2回手を入れており、初稿はEasy Modeだったので、もっと難しくしましょうということで第二稿でEX Hard Modeが解放されて(中途半端なものでじりじりあげるより、極端なものを出して間をとっていったほうがいいという考えのもと、このバージョンではあえて音型や動機操作を重視しており、物理的に演奏不可なものも含まれていたので調整したりと)、その二つからの良いとこどりをしたVery Hard Modeが最終稿となりました。

最終稿からも、玉木さんから練習音源や動画を送っていただき、フォーカスしたいところがうまく映えるように前後の奏法の微調整などをしていきました。

文章で書くとサラっとした感じなのですが、ここまで奏者の方とやりとりして曲を仕上げたことがなかったので、大変贅沢で貴重な経験となりましたし、難易度を突き詰めることはうまくいけば奏者さんの魅力をひきだすことにもつながり、そういうお願いをする信頼度の築き方というのでしょうか、まずは時間をかけることが許される環境があるのが前提ですけれど、考えさせられました。こう書くと超絶技巧命のように思われるかもですが、白玉一発にこめられる難しさというもわかっていますので、多種多様の技術の難しさをはなから回避するのでなく、向き合ってどう消化するか、、、ということの大事さを思いました。
玉木さんモデル作品と言っていいかもしれません。すでに玉木さんモデルのマウスピースはあるので最初ではありませんが(笑)

今回意図的に時間軸で聴くタイプのものと、作曲とサウンドデザインの融合タイプのものを作ったので(「Anima」は前者タイプ、「Game」は両タイプ、「Elements」は後者タイプ)、後者タイプのものは、切り取っても映えるので良いなあと思いました。

今後またいろいろな動画をアップしてくださると思うので、こちらでご紹介できたらと思います。


こちらは、下記コンサートで世界初演されます。


「玉木優 コンチェルト リサイタル」

日時:2019年9月8日(日) 開場13時30分 開演14時
会場:島根県雲南市加茂文化ホール ラメール(大ホール)

チケット料金/全席自由:税込み ※当日各500円増
一般 2000円 大学生以下1000円

トロンボーン:玉木優

共演ピアニスト:城綾乃

共演団体:
雲南吹奏楽団
ひたちやすぎ吹奏楽団
松江ウインドアンサンブル
The Brass Band “HAPPINESS”

主なプログラム:
シューマン:献呈
関美奈子:An;G;El ※世界初演 玉木優 委嘱作品
クロル:カプリッチオ ダ カメラ

(敬称略)


関連記事はこちら

「An;G;El」初演決定しました。
「An;G;El」初演について。
「An;G;El」トロンボーン奏者 玉木優さん委嘱作品
トロンボーン奏者 玉木優さん委嘱作品打ち合わせ
トロンボーン奏者 玉木優さん、1stアルバム

関 美奈子 [ Minako Seki ]

関 美奈子 [ Minako Seki ]

Music Composer/Arranger